特別公演

抄録文字数は1000文字となります。
また、抄録はCongenital Anomaliesに掲載する予定です。学会終了までに、英文抄録(250 wordsまで)のご用意もお願い致します。

シンポジウム

抄録文字数は750文字となります。
また、抄録はCongenital Anomaliesに掲載する予定です。学会終了までに、英文抄録(250 wordsまで)のご用意もお願い致します。

一般演題発表 発表形式

    • 一般演題の発表形式は、すべてポスター発表です。
      • ポスター会場:タワーホール船堀2階イベントホール
      • ご自分のポスター演題番号(P-No.)が提示されているところに掲示してください。
      • ポスターのパネルサイズは幅90cm×高さ210cmです。 学術集会事務局ではパネル左上部の演題番号(20㎝×20㎝)、発表者リボン、画鋲を準備します。演題名、所属、氏名は、ポスターに含める等、発表者ご自身にてパネル掲示面に収まるようご用意をお願いいたします。
      • 一般演題の筆頭発表者は日本先天異常学会会員に限ります。未入会の方は入会手続きをお願いいたします。
      • 抄録文字数は400文字となります。
        抄録の文字数について、当初500文字とご案内しておりましたが、UMINシステムの都合上、400文字となります。
        ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。なお、登録開始後に修正が生じまして誠に申し訳ございません。

    また、抄録はCongenital Anomaliesに掲載する予定です。学会終了までに、英文抄録(250 wordsまで)のご用意もお願い致します。

    倫理規定[重要]

    応募演題の作成に関しては「ヘルシンキ宣言」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「遺伝子治療臨床研究に関する倫理指針」など、該当する研究領域に関する学会等の指針、見解等を遵守してください。実験動物あるいは微生物を用いた実験的研究を実施する際は、所属機関における倫理規定を遵守し、それぞれの機関が定める委員会(動物実験委員会、遺伝子組み換え生物等実験安全委員会、病原微生物等安全管理委員会等)の承認を得てください。また、臨床(症例)研究においては所属機関の倫理規定に従うとともに本学会の利益相反に関する指針を遵守し、患者個人情報保護に十分に配慮してください。抄録の審査を行い、上記の規定に関して違反している場合は不採択となることがあります。なお、抄録ならびに発表内容に不正(データの捏造、改ざんや盗用)が発覚した場合、本学会の所定の手続きにより処分されることがあります。

    利益相反自己申告のお願い[重要]

    演題登録時に、利益相反「有」をチェックされた方は、指定のフォーマット(様式1)に必要事項をご記入のうえ、会期前までに日本先天異常学会事務局まで郵送にて原本をお送りください。
    COIに関する指針および細則は下記ボタンよりご参照願います。

    日本先天異常学会 事務局

    〒612-8082 京都市伏見区両替町2-348-302
    TEL: 075-468-8772 E-mail:jts@ac-square.co.jp

    演題受領と採択通知

    演題登録後は、登録されたE-mailアドレスに受領通知が届きます。
    登録された演題の確認・修正・削除は、登録締切日まで何度でも行うことができます。修正には演題登録時の受付番号とパスワードが必要です。なお、セキュリティの関係から、パスワードの問合せには応じられませんので、登録の際に必ずお控えください。
    投稿された抄録は原則として校正されません。そのまま印刷されますので、提出者の責任におきまして作成・入力ください。採否のご案内は、5月下旬を予定しております

    演題登録・確認・修正

    演題登録は、本学術集会に参加登録をした方のみ可能になります。演題発表をご希望の方は、下記のボタンよりお進みください。

    申し込み済みの方は、本サイトにログインの上、UMINのご登録、または確認・修正画面へお進みください。

    演題登録期間

    2024年3月22日(金)~ 2024年4月30日(火)

    英文抄録作成について

    英文抄録原稿につきましては、Congenital Anomaliesに掲載予定ですが、詳細は追って掲載いたします